【人の一生を重くとらえすぎない】

【人の一生を重くとらえすぎない】

人の一生

私たち人間の命とはとても重たいものであり尊いものなのだと思います。

そのため、私たちは自分の一生をとても重くとらえ大切に生きていくのです。

それは何一つとして間違っていないとても正しいことなのだと思います。

しかし、私たちには自分の一生を考える上で持つべき大切な価値観がもう一つ存在するのです。

人の一生を重くとらえすぎない

その価値観とは、「人の一生を重くとらえすぎない」という価値観です。

人の一生とは私たちが考えている以上に儚くあっけないものなのだと思います。

そのため、私たちは自分の人生を必要以上に慎重に生きていく必要なんてないのだと思います。

誰もが生きることに慎重になりすぎてしまう

日常生活の中で私たちが一生の儚さを実感できる機会は少ないのだと思います。

それは人生の終わりに初めて感じることができるものなのかもしれません。

そのため、人はどうしても自分の一生を重くとらえすぎてしまうのです。

そして、誰もが生きることに対して慎重になりすぎてしまうのです。

生きることに対して慎重になりすぎない

たとえ人生が、「失敗しても」「成功しても」「幸せでも」「不幸でも」

終わってしまえばあっという間の出来事だったと感じるものなのだと思います。

そのため、生きることに対して必要以上に慎重になる必要なんてないのだと思います。

人間の一生なんて私たちが考えているほど大したものではないのだと思います。

さいごに

人間には自分の人生をもっと自由に生きていける世界が必要なのだと思います。

いつか人生は必ず終わり誰もが自分の一生を振り返るときがやってくるのです。

そのとき、一生は一夏の思い出のように映るのかもしれません。

人の一生の儚さを知ることとは、人の一生の重さを知ることよりも大切なことなのかもしれません。

Return Top