つらい時に知っておくべきこと【つらさは無駄にはならない】

つらい時に知っておくべきこと【つらさは無駄にはならない】

つらい時

つらい気持ちでどうにもならなくなってしまう時があると思います。

つらさから逃れることができずに消えてしまいたいという気持ちになってしまう人もいると思います。

そんなつらい時に知っておくべきこととしてお役に立てばと思います。

つらさは無駄にはならない

それは、「つらさは無駄にはならない」ということです。

つらさを感じることは苦痛でしかなく、つらさを感じるだけ不幸で損だと思ってしまう人は多いと思います。

しかし、今自分が感じているつらさが無駄になることは決してないのです。

つらさを感じることで人はさまざまなものを得ている

つらさを感じることで人はさまざまなものを得ることができています。

そのため、今自分が感じているつらさは一つたりとも無駄にはなりません。

今自分が感じているつらさは、たとえお金を払ってでも感じる価値のあるものなのだと思います。

つらさによって人格は磨かれていく

人の人格はさまざまな要素によって磨かれていくと思います。

その中でも、最も大きな役割を果たすものの一つがつらさを感じることだと思います。

つらさで心にダメージを負うことで、人はさまざまな感覚が研ぎ澄まされていくのだと思います。

「人の気持ちを理解する力が高まる」
「人に対する優しさが育まれる」
「場の空気を読む力が高まる」
「人に助言をする力が生まれる」
「人を育てる力が育まれる」

人はつらさを感じることで、把握し切れないほど多くのものを得ることができているのです。

つらさはヤスリのようなもの

つらさを感じてしまうと心が傷つけられていくと思います。

しかし、つらさは心に傷をつけると同時に磨く役割も果たしているのだと思います。

そのため、つらさはヤスリのようなものに近いのだと思います。

つらさを感じている時、自分の心や精神は傷つけられると同時に磨かれているのだと思います。

最も貴重な時間の一つ

つらさを感じることは誰にとっても苦痛であり避けたいものだとは思います。

しかし、その時間は自分が人として成長する上では必ず必要な時間でもあります。

また、つらさは感じたい時にいつでも感じることができるものではないと思います。

その時間は自分にとって非常に貴重な時間であり、自分の人生の中でも最も重要な時間の一つへと変わっていくのです。

さいごに

つらさを感じることで人はさまざまなものを得ることができています。

今自分が感じているつらさが無駄になることは絶対にないのです。

そのつらさには、たとえお金を払ってでも感じる価値が秘められているのだと思います。

自分の感じたつらさは、自分の生涯に渡って少しずつ人生に還元され続けていくのだと思います。

Return Top