【敵わない相手がいるからといって自分が何かを諦める必要なんてない】

【敵わない相手がいるからといって自分が何かを諦める必要なんてない】

どうしても敵わない相手

自分が歩んでいく道の途中にどうしても敵わない相手が現れることがあります。

そんな相手が現れたとき、私たちはついすべてのことを諦めてしまいそうになってしまうことがあります。

しかし、どんなに敵わぬ相手がいようとも自分が何かを諦める必要なんてないのです。

ジャンケンのようなもの

勝負とはそんなに単純なものではないのです。

それはジャンケンのようなものに近いのだと思います。

グーである自分はパーに敵うことはないのかもしれません。

しかし、パーである相手はチョキに敵うことはないのです。

そして、グーである自分はそのチョキを打ち負かすことができるのです。

誰もが心に劣等感を抱えている

誰もが心に劣等感を抱えているのです。

どんなに完璧に見える人間でも心の中に敵わぬ何かを抱えているのです。

誰もがその劣等感にさいなまれながらも必死に前へと進んでいくのです。

己のグーを磨き続ければいい

永遠にパーには敵わなくとも己のグーを磨き続ければいいのです。

もしもパーに敵わずすべてを諦めてしまうのなら、チョキに敵わぬパーもすべてを諦めなければならないのです。

そして、全員がすべてを諦めることになってしまうのです。

勝負とはそんなに単純なものではないのです。

たとえどんなに敵わない相手がいたとしても、自分が何かを諦める必要なんてないのです。

Return Top