【人は誰もがアスリートや芸術家のような存在へとなりうる】

【人は誰もがアスリートや芸術家のような存在へとなりうる】

自分にしかできない何か

「自分にしかできない何かを成し遂げたい」

そんな願望は多くの人々の心の中に眠っている願望なのだと思います。

そのため、私たちはアスリートや芸術家たちを羨望の眼差しで見つめます。

そして、心に生まれてくる劣等感に静かに苦しめられてしまうのです。

自分にしかできない何かを成し遂げるのはアスリートや芸術家だけとは限らない

「自分にしかできない何かを成し遂げたい」

そんな願望を叶える人間は必ずしもアスリートや芸術家だけとは限りません。

それはどんな人間にでも叶えることのできる可能性のあるものなのです。

そこには多くの観衆を引きつけることはできないのかもしれません。

しかし、日常生活の中で誰もが追い求めていくことができるものなのです。

誰もがアスリートや芸術家のような存在へとなりうる

人は誰もがアスリートや芸術家のような存在へとなりうるのです。

そんな自分を実現するために必要とされることはたった一つです。

それは今自分にできることを本気になって続けていくということなのです。

どんなに些細なことでも構わない

それはどんなに些細なことでも構わないのです。

「自分が人より少しだけ興味を持てているもの」

「自分が昔から続けている習慣」

「自分がやっていて純粋に楽しいこと」

大切なことは、それらのことを本気になって続けていくということなのです。

継続こそが特別な何かを生みだす力

継続こそが特別な何かを生みだす力へと変わります。

たとえどんなに些細なことでも、本気になって続けていくことで特別な何かへと変えていくことができるのです。

そして、その特別な何かはいつしか人を魅了し羨望の眼差しを集めるのです。

ときには自分の行っていることが無意味に思えてしまうこともあると思います。

しかし、それでも信じて継続していくことが大切なことなのです。

自分の価値とは自分の判断だけでは決めつけることができないものなのです。

たとえどんなに平凡に思える自分の感性も、他人の目からは特別なものに映っているかもしれないのです。

表舞台で光を浴びている人間だけが特別な訳ではない

表舞台で光を浴びている人間だけが特別な存在という訳ではないのです。

誰もが日常生活の中で特別な存在を目指していくことができるのです。

そのため、表舞台で輝く人間を別世界の人間だと思ってはいけないのです。

そんな存在へと続く道は誰にとっても常にすぐそばに隠されているのです。

さいごに

「自分には人より秀でた部分が一つもない」

そんな劣等感は多くの人が心に抱えるありふれた苦しみなのだと思います。

それは、一見そんな劣等感とは無縁なアスリートや芸術家たちでさえ例外ではないのです。

人は誰もがそんな劣等感に苦しみながらも、自分にしかできない何かを成し遂げていくことができるのです。

Return Top