本当につらい精神状態の時【誰の言葉も届かない】

本当につらい精神状態の時【誰の言葉も届かない】

本当につらい時

本当につらい時、誰の声も誰の言葉も届かなくなってしまうことがあると思います。

「誰かに相談したところで何も変わらない」

そんな気持ちに陥ってしまうと、誰かに話すことさえ苦痛になってしまうと思います。

誰からも救ってもらうことができなくなった時、本当の孤独に襲われてしまうと思います。

明日が迫ってくる

本当につらい時には、すべてから逃れられる場所が欲しくなると思います。

しかし、そのような場所を見つけられないままに明日は迫ってきてしまうと思います。

刻一刻と迫る明日に気持ちはますます追い詰められてしまうと思います。

誰にも伝えられないつらさ

自分のつらさは簡単に誰かに伝わるものではないと思います。

本当のつらさは言葉で表し切ることが難しいからです。

本当は誰かにつらさを理解してもらいたくても、ぶつける術が見つけられない時があると思います。

そうなってしまった時、つらさは一人で抱え込む以外になくなってしまうと思います。

自分だけがなぜこんなにつらいのか?

「自分だけがなぜこんなにつらいんだろう?」

そんな気持ちになり、周りの人たちが気楽そうで羨ましく見えてしまうことがあると思います。

それでも、一人でつらさにもがき苦しんでいる仲間がこの世界にはたくさんいます。

つらさに押し潰されそうになっているのは決して自分一人ではないのです。

つらさは必ず和らいでいく

「このつらさからは永遠に逃れることはできない」

本当につらい時、心の底からそんな気持ちが湧き上がってくると思います。

しかし、どんなつらさにも必ず和らぐ日は訪れます。

ただじっとその日を待つだけでもいいのです。

特別なことなどしなくても必ずその日は訪れるのです。

すべてを捨ててしまってもいい

すべてを終わらせてしまいたいと思うほど苦しんでしまう人もいると思います。

そんな時にはすべてを捨ててしまうこともできるのです。

今ある環境ごとすべてを捨ててしまっても構わないのです。

自分が今まで積み重ねてきたものに大した価値などないのです。

人生はすぐに終わってしまう

いずれにせよ人生はすぐに終わってしまいます。

人が思っているほど人生は長いものではないのです。

終わってしまえば人生など大したものではないのだと思います。

そのため、自分の人生を必要以上に重くとらえる必要などないのです。

さいごに

ゼロから始める勇気を持つことも大切なことなのだと思います。

今の自分の環境に執着する必要などないのです。

すべてを捨ててしまいもっと自由に生きることもできるのです。

いずれは誰もがすべてを失いゼロになってしまうものなのです。

Return Top